【ガンプラ素組みレビュー】HGUC ゾック

レビュー

『機動戦士ガンダム』より、「HGUC ゾック」のガンプラ素組みレビューです。

本来モビルスーツではなくモビルアーマーとして開発が進められていたゾックですが、その名残なのかモビルスーツとしてはかなり異色の造形をしており、1/144スケールのキットとしてもその特殊なつくりを存分に味わうことができる良キットです。

内部フレームやモノアイシールドといったディティールのクオリティがとても高く、完成後の姿もどこか愛嬌があって、作る過程も作った後のディスプレイも余すことなく楽しめます。

フロント

追加色分け不要かつ劇中再現度の高い、大迫力のゾックを楽しむことができます。

フロントビューでは目立つ合わせ目もなく、素組み派モデラーにうれしいつくりとなっています。

サイド

サイドビューでは合わせ目が頭部側面、肩部側面、胴体側面、脚部側面と縦にまっすぐできます。

加えて、アイアン・ネイルにも外側と内側にそれぞれ合わせ目がでるため、こだわる方は合わせ目消しが大変そうです。

リア

フロントとリアでつくりが全く同じで、シンメトリーなつくりなのが面白いですね。

フロントビューとの違いはモノアイがあるかどうかですが、そのモノアイも前後左右に自在に可動するので、ゾックには厳密には前後の概念がありません。

ディティ―ル

インナーフレーム

頭部カバーを外すとインナーフレームが露出します。

モノアイは手動でレールに沿って、上下左右に加え前後にも自在に可動。

アクション

アイアン・ネイルで打突のポーズ。

可動域が広いとはいえませんが、本体が大きく存在感があるのでポージングで少し動きをつけるだけでも様になります。

巡航形態

アクションベース4を使用して巡航形態にてディスプレイ。

本体の重量があるのでアクションベース5では支えきれず、アクションベース4を使用することをおすすめします。

比較

HGUC アッガイ、HGUC ズゴック、HGUC シャア専用ズゴック、HGUC ゴッグとならべてディスプレイ。

ジオン軍の他の水陸両用モビルスーツと比べても頭一つ大きいです。

その他付属品等

モノアイシールドは前後の2枚付属。

メモリが印刷されている本格仕様で、キットのクオリティを一段と上げています。


股下に接続する、アクションベース接続用パーツも付属します。

ランナー

ポリキャップ以外はそれぞれ2枚ずつで計7枚で構成されます。

便利なリンク集

2024年 ガンプラ再販情報 まとめ
2024年4月24日:「【発売日順】2024年5月 ガンプラ再販スケジュール」を追加 2024年のガンプラ、30MS、30MMなど人気キットの新作・再販情報をまとめた記事を集合させました。 今月の再販日や新発売を確認したい プレミアムバンダ
通販サイト ガンプラ予約方法まとめ
2024年2月19日:記事を投稿 ガンプラが買いやすい通販サイトの対策記事リンクをまとめました。 次の再販祭りがいつごろか確認したい 予約方法を予習して、予約合戦を勝ち抜きたい 便利なショートカットで楽に在庫を検索したい 上記すべてにおこた

最新情報をアップデートしよう!

新作や再販品の予約祭りが開始したときはポストしてお知らせしています。

予約開始情報が気になる方はフォローして最新情報を常にアップデートしましょう!

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました