【ガンプラ素組みレビュー】MGEX ストライクフリーダムガンダム

レビュー

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「MGEX ストライクフリーダムガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

“金属表現の徹底追及”をテーマに、3種類の異なるニュアンスのゴールドコーティングパーツとゴールド成形色パーツ、メタリックグレー成形色パーツ、さらにはシルバーのエッチングシールとメタリック3Dシールで高級感・立体感・重厚感が同時に徹底追及されており、完全にプラモデルの域を超えた完成度を誇ります。

装甲を取り付けると隠れてしまうところまで色分けや造形がこだわり抜かれており、組み立て中も存分に開発陣のこだわりようを堪能することができます。

アンダーゲート多用でパーツ点数が多く、シールも細かく、組み上げにはかなりの時間を要しますが、特段難しいということはないので根気さえあれば恐れることはありません。

フロント

がっちりとした体形で、SEED機体らしさにあふれたシルエットになっています。

これでもかと情報量が詰め込まれ、アレンジをきかせながらも、ストライクフリーダムの黄金のフレームといったアイデンティティが従来キットより強調されたデザインに仕上がっています。

サイド

バックパックが重たく、自立させるには重心調整が必要でやや安定感は低いです。

手を加えるのが申し訳なるほどの成形色での色分けが優れており、合わせ目も目立たないように徹底的にこだわってパーツ構成が考えられています。

リア

バーニアノズル内の細かい部分まで成形色で色分けされている徹底ぶりです。

背部のスーパードラグーンや本体各所の細かいグリーンの部分は付属メタリック3Dシールでの色補填ですが、名前通り奥行き感があるシールなので高級感があり、本体になじんで悪目立ちしません。

ディティール

バックパック

バックパックのウイングはダイナミックに展開できる。


アクション

MX2200 ビームシールドを展開しながらMA-M02G シュペールラケルタ ビームサーベルを片手持ちでディスプレイ。


ビームサーベルの柄2本を連結させることもできます。

エフェクトパーツももちろん2本付属です。


パッケージアートの再現も簡単です。

MA-M21KF 高エネルギービームライフルは両手持ちに対応しています。


ストライクフリーダムといったらこのポージング。

華麗にきまります。


高エネルギービームライフルを2挺連結させて、長射程モードにすることも可能です。

内部フレーム

金属表現を売りにしているキットということで、説明書どおりに組むとまずは内部フレーム状態が完成します。

カッパーゴールドコーティング、ホワイトゴールドコーティング、イエローゴールドコーティング、ゴールド成形色、メタリックグレー成形色、シルバーのエッチングシールで多層的で重厚感のある金属表現が堪能できます。

内部フレーム組み立て後に装甲パーツを取り付けていく手順なので、半身のみ装甲をとりつけてディスプレイすることもできます。

その他付属品等

メタリック3Dシール、エッチングシール、水転写式デカールが付属します。

メタリック3Dシールは小さいものが多く、特にスーパードラグーンは32か所に極小のシールを貼ることになるので根気が必要です。

メタリック3Dシールは予備もいくつかあるので、失くしたり失敗してもリカバリーは可能です。


ハンドパーツは上から両手の開き手、握り手、高エネルギービームライフル用持ち手、指の全関節が可動するエモーションマニピュレーターが付属します。

ビームサーベルの柄はエモーションマニピュレーターの接続軸にかみ合わせて保持させる仕様ですが、エモーションマニピュレーターがとにかく脆く壊れやすく、関節がポロポロ外れて扱いが難しいです。


ビームサーベルは柄もエフェクトパーツも2本付属します。

キラの得意とする二刀流スタイルのポージングが楽しめますが、柄に対応するエモーションマニピュレーターが壊れやすいので細心の注意が必要です。


高エネルギービームライフルは2挺あり、変形させて連結させることで長射程仕様にできます。


ビームシールドのエフェクトパーツも2つ付属し、両腕に取り付けることができます。


ツインアイは作例のようにゴールドコーティングのパーツか、左画像のクリアイエローパーツかを選択します。

右画像の付属ディスプレイスタンドに対応した本体との接続パーツを、バックパックに取り付けることでディスプレイスタンドでのポージングが可能になります。


付属のディスプレイスタンドはアクションベース1に似ていますが、アクションベース1と違いビス止めは不要です。

ちなみに、付属のディスプレイスタンド用接続パーツはアクションベース1にも対応しているので、アクションベース1を使用して飾ることもできます。


キラ・ヤマトとラクス・クラインの1/100フィギュアが付属します。


ランナー用のマルチスタンドが付属するので、ランナーのゴールドコーティングが傷ついたり剥がれたりする心配なしに組み立てを楽しむことができます。

ランナー

ほぼすべてのランナーにアンダーゲートを採用。

便利なリンク集

2024年 ガンプラ再販情報 まとめ
2024年4月24日:「【発売日順】2024年5月 ガンプラ再販スケジュール」を追加 2024年のガンプラ、30MS、30MMなど人気キットの新作・再販情報をまとめた記事を集合させました。 今月の再販日や新発売を確認したい プレミアムバンダ
通販サイト ガンプラ予約方法まとめ
2024年2月19日:記事を投稿 ガンプラが買いやすい通販サイトの対策記事リンクをまとめました。 次の再販祭りがいつごろか確認したい 予約方法を予習して、予約合戦を勝ち抜きたい 便利なショートカットで楽に在庫を検索したい 上記すべてにおこた

最新情報をアップデートしよう!

新作や再販品の予約祭りが開始したときはポストしてお知らせしています。

予約開始情報が気になる方はフォローして最新情報を常にアップデートしましょう!

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました