【ガンプラ素組みレビュー】HGUC ジム寒冷地仕様

レビュー

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』より、「HGUC ジム寒冷地仕様」のガンプラ素組みレビューです。

低価格キットながら、成形色の色・質感がかなり良く、色補填箇所は多めながらも手を加えずありのままの状態でも十分楽しめるクオリティです。

古めのキットならではの前面に合わせ目が目立ってしまう構造なので、こだわるならば合わせ目消しは必須となります。

フロント

古めのキットながら、成形色が落ち着いた色でまとまってあり、質感がかなりいいです。

胴体上部、腕部と脚部の前面に合わせ目が目立ってしまいますが、低価格帯のキットなのでここは仕方がないと割り切ってしまえます。

足裏が大きいので、接地性はばっちりで安定します。

サイド

頭部側面に合わせ目が目立っていますが、全体的に造形がコンパクトにまとまっておりずっと眺めていられます。

マシンガンは腕の装甲と干渉してしまうので、きれいに持たせるのは難しいです。

リア

腕と脚に縦にまっすぐ合わせ目がみえますが、その他はきれいなつくり。

特に脚部からチラ見えするパイプはモールドが細かく美しいです。

ディティール

アクション

マシンガンを構えてポージング。

股下等にアクションベース接続穴はないので、基本的に接地状態でアクションポーズを楽しむことになります。


ビーム・サーベルはエフェクトパーツが付属せず、一体成型なので真っ白です。

マニピュレーターはグレーに、エフェクトはピンクに塗装しないと、見栄えが良くありません。


左手は開き手が付属。

突然のハイゴッグ強襲に戸惑うジム、なんて表現もできます。

その他付属品等

付属のホイルシールでレッドとイエローの不足部分を補えます。

画像作例では一切のホイルシール使用なしにしてみました。


ビーム・サーベルは手と一体の1パーツ(左)。

ランドセルにマウントできる柄には接続穴がないので、他のキットからエフェクトパーツをもってきて取り付けるには穴をあける改造が必要となります。


シールド裏にはモールドがびっちり。

裏打ちパーツはないので、グレーに全面塗装が必要です。

ランナー

便利なリンク集

2024年 ガンプラ再販情報 まとめ
2024年4月24日:「【発売日順】2024年5月 ガンプラ再販スケジュール」を追加 2024年のガンプラ、30MS、30MMなど人気キットの新作・再販情報をまとめた記事を集合させました。 今月の再販日や新発売を確認したい プレミアムバンダ
通販サイト ガンプラ予約方法まとめ
2024年2月19日:記事を投稿 ガンプラが買いやすい通販サイトの対策記事リンクをまとめました。 次の再販祭りがいつごろか確認したい 予約方法を予習して、予約合戦を勝ち抜きたい 便利なショートカットで楽に在庫を検索したい 上記すべてにおこた

最新情報をアップデートしよう!

新作や再販品の予約祭りが開始したときはポストしてお知らせしています。

予約開始情報が気になる方はフォローして最新情報を常にアップデートしましょう!

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました