【ガンプラ素組みレビュー】RG フォースインパルスガンダム

レビュー

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「RG フォースインパルスガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

RGの傑作といっても良いほど出来がよく、初期RGにつきものだった関節の保持力が弱く、しかもパーツがポロポロ落ちてポージングがきまりにくいといった心配は全く不要となります。

合体ギミックがありながら、これほど安定したポージングができることに驚きを隠せません。

ただし、頭部アンテナや分離時のコアスプレンダーとシルエットフライヤーのウイング等、パーツが繊細で壊れやすい部位があるので、取り扱いはとにかく丁寧に慎重に行う必要があります。

※当サイト「ガンプラガレージ」はAmazonアソシエイト・プログラム等複数のアフィリエイトプログラムに参加しており、適格販売により収入を得ています。詳細はこちらをご覧ください。

フロント

すらっとスタイリッシュなシルエットで、色分けは細部まで成形色のみで再現されています。

サイド

初期RGと異なりアドヴァンスドMSジョイントを関節部に採用していないので、バランスを慎重にとれば背部のフォースシルエットの重さにも耐えて自立します。

リア

圧巻のリアビューで、スリムなシルエットのわりに迫力を感じられます。

ディティール

アクション

フォースインパルスガンダムといえば、展開状態のシールド(MMI-RG59V 機動防盾)を前面に押し出すポージング。

接続用パーツを使用し、アクションベース5にてディスプレイ。


MA-M941 ヴァジュラビームサーベルを突き出してポージング。

関節がフニャフニャせずカチッと動くので、自立するように重心調整がしやすいです。

サーベルの柄とハンドパーツの軸接続もあり、ポロポロ落ちることもありません。


M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフを両手に格闘戦をイメージ。

こちらもハンドパーツと軸接続で安定します。

可動域が広く、ダイナミックなポージングがとれるのもポイントが高いです。

シルエットシステム

コアスプレンダー、チェストフライヤー、レッグフライヤー、シルエットフライヤー/フォースシルエットとして別々にディスプレイを楽しむことも可能です。

画像のディスプレイの台座は、アクションベース4、アクションベース5、「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を組み合わせています。

コアスプレンダー

完全変形機構を備え、劇中どおりの合体ギミックを再現できます。

ウイング等の色分けが足りない部分は、グレー、ブルー、イエローで塗装が必要となります。

チェストフライヤー

上半身は完全変形でチェストフライヤーになります。

付属のアクションベースとの接続用パーツを使用すれば、アクションベース5等でディスプレイが可能です。

レッグフライヤー

下半身は完全変形でレッグフライヤーになります。

付属のアクションベースとの接続用パーツを使用すれば、アクションベース5等でディスプレイが可能です。

シルエットフライヤー

シルエットフライヤーは単独でアクションベース5等に接続してディスプレイできます。

ウイングの一部等、ブラックに塗装が必要な部分があります。

フォースシルエット

フォースシルエットはシルエットフライヤーと接続して、アクションベース5等でディスプレイ可能です。

その他付属品等

リアリスティックデカールでツインアイや頭部センサーの他、マーキングや金属表現が可能です(画像作例ではマーキングや金属表現のデカール補填なし)。


ハンドパーツは上から両手の開き手、接続軸ありの握り手、接続軸なしの握り手、握りこぶしの4種類で充実しています。


ビームサーベルは柄が2本で、対応するエフェクトパーツも2本付属します。


アクションベースへの接続用パーツはフォースインパルスガンダムとレッグフライヤー用(左画像)と、チェストフライヤー用(右画像)の2種類が付属です。


私服姿のシン・アスカの1/144スケールフィギュアが付属します。

ランナー

ランナーBは「ADVANDCED MS JOINT 17」表記。

通販リンク

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,980 (2024/07/17 23:51時点 | Amazon調べ)

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました