【ガンプラ素組みレビュー】HG デスティニーガンダム

ZGMF-X42S DESTINY GUNDAM

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HG デスティニーガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

何かと可動域や色分けで妥協せざるを得ないことが多いHG SEEDキットですが、「HG デスティニーガンダム」はそれらがかなり改善されていて、HGCE版には及びませんが十分なクオリティに仕上がっています。

HGCE版との大きな違として色分け以外では、バックパックのサイズ、光の翼等のエフェクトパーツのラメ加工と形状、ビームブーメランのサーベル形態のエフェクトパーツが付属、MMI-X340 パルマフィオキーナ掌部ビーム砲のエフェクトパーツが付属しないといった点で微妙な違いがあり、わずかながらHG版でないと再現できないギミックがあります。

こちらの記事は、「HGCE デスティニーガンダム」ではなくHG SEEDナンバー36のHG版のレビューです。

※当サイト「ガンプラガレージ」はAmazonアソシエイト・プログラム等複数のアフィリエイトプログラムに参加しており、適格販売により収入を得ています。詳細はこちらをご覧ください。

フロント

付属ホイルシールで色補填はしていますが、プロポーション含め再現度が高く見映えが良いです。

両腕部、両脚、ビームライフル上部に縦に合わせ目がまっすぐ発生します。

サイド

頭部側面、肩部アーマー、ビームブーメラン、背部ウイング側面に合わせ目が見えます。

リア

両腕部、両脚、バックパック中央部分、高エネルギー長射程ビーム砲、アロンダイトビームソードに合わせ目が発生し、発生箇所は多めです。

ディティール

アクション

M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲を付属の台座にてポージング。

背中に格納しているビーム砲を展開し、そのままハンドパーツで支える構造はHGCE版と同じです。


RQM60F フラッシュエッジ2ビームブーメラン(サーベル形態)を右手に、MMI-714 アロンダイトビームソードを左手に。

それぞれハンドパーツに軸での固定はできずゆるいので、大胆なポージングはさせにくいです。

ビームブーメランのサーベル形態はHGCE版では再現できない形態です。


光の翼を展開し、右手にはMMI-X340 パルマフィオキーナ掌部ビーム砲、左腕にはMX2351ソリドゥス・フルゴールビームシールドでポージング。

肩の引き出し機構のおかげで、ポージングがしやすいです。

比較

「HGCE デスティニーガンダム」(画像右)と並べて比較してみました。

HG版でもぱっと見では区別がつきにくいレベルで完成していますが、色分けや可動域ではやはりHGCEのクオリティの高さには及ばず、ウイングの大きさや付属エフェクトの種類・形状の違いがHG版の価値となります。

【ガンプラ素組みレビュー】 HGCE デスティニーガンダム
ZGMF-X42S DESTINY GUNDAM 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HGCE デスティニーガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 HGの域を凌駕したクオリティの出で立ちで、合わせ目は考え抜かれたパーツ構成

その他付属品等

付属ホイルシールでの色分けは比較的目立ちにくい部分が多いですが、ひざのブラックへの色補填部分(コ)ははがれやすいので注意です。


ハンドパーツが豊富で、左右の開き手と、手首の長さが異なる握り手パーツが付属します。


エフェクトパーツも豊富で、ピンクのエフェクトパーツにはラメが入っているのが魅力です。


付属の台座(左画像)と、対決シーン再現用のジョイントパーツ(右画像)が付属です。

ランナー

通販リスト

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

データベース

データベースでは、直近の再販情報などの情報をまとめています。

【DB】HG デスティニーガンダム
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HG デスティニーガンダム」の情報まとめです。 カタログデータ 通販リンク ギャラリー 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の主人公機、デスティニーガンダムの1/144スケールHG

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました