【ガンプラ素組みレビュー】RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) [スペシャルコーティング]

MSN-03 GYUNEI GUSS’S JAGD DOGA [SPECIAL COATING]

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) [スペシャルコーティング]」のガンプラ素組みレビューです。

市販の「RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) 」にゴールドコーティングやメタリックグロスインジェクション加工を施した特別仕様で、素組みでも手軽に高級感あふれるヤクト・ドーガを楽しめます。

見た目としては一切文句の付け所がない本キットですが、どうしても気になるのがHGの構造をそのまま拡大して1/100サイズにしたようなつくりで、特に腕と脚の付け根が弱くポージングの時にポロポロ取れてしまうことでしょうか。

ガシガシ動かしたりダイナミックなポージングをさせて遊ぶというよりは、素立ちでどっしりと部屋に飾っておきたい印象です(それでも十分以上に存在感があってかっこいいです)。

フロント

通常市販の「RE 1/100 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機)」と比べて、成形色がイエローだったパーツにゴールドコーティングが施され、その他の成形色のほとんどにもメタリックグロスインジェクションのような加工がされており、渋い高級感があふれています。

正面から見たときの目立つ合わせ目は本体にはほぼなく、ビーム・アサルトライフル上部くらいです。

サイド

サイドビューでも全体としては合わせ目がうまくパネルラインとなじんでいますが、画像では見えにくいところでショルダーアーマー上部にくっきり合わせ目が出てしまいます。

リア

リアビューでは、脚下部の装甲の一部とかかとにまっすぐ縦に合わせ目が目立ちます。

その他は目立つものがなく、素組みでも十分に造形美が楽しめます。

ディティール

アクション

アクションベース1を使用してポージング。

股下にアクションベース接続用のパーツを使用します。

正直な感想としては、大型で重量のある本キットのわりには腕や脚の接続強度がHG並みで弱く、ポージング中にポロポロ外れてしまいなかなか難儀でした。


左手にヒート・ナイフ付きビーム・サーベルを構えて。

武装類は両手どちらに持たせることもできます。


バックパックと展開したファンネルを、付属の軟質クリア棒経由で接続しディスプレイ。

ファンネルはワンタッチで自動展開してくれるギミックを備えています。


アクションベース4にファンネル接続台座を接続してファンネルを展開。

内部フレーム

MGではなくRE/100なので内部フレーム構造は完全再現されていませんが、腕部のみ簡易的なフレームを楽しむことができました。

比較

「HGUC ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス専用機)」と並べてみました。

サイズ感はもちろんのこと、成形色に施されたコーティングによる高級感で威圧感が爆増しています。

その他付属品等

付属ホイルシールで頭部の装飾、モノアイ、ビーム・アサルトライフルのスコープとグレネードランチャーを色補填可能です。

「RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) [スペシャルコーティング]」には、市販の「RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) 」には付属しない水転写式デカールが付属します。

ビーム・アサルトライフルは大型で、成形色がガンメタリック調になっているので迫力があります。

付属ホイルシールを使用しましたが、面積が大きくチープ感がでてしまうので使用せずに部分塗装をおすすめします。

ヒート・ナイフ付きビーム・サーベルには大型のエフェクトパーツを使用します。

ヒート・ナイフの刃はシルバーに塗装が必要です。

ファンネルは6基付属し、パーツを押し込むだけで簡単に自動展開してくれます。

対応する軟質クリア棒も6本付属します。

股下に接続できる、アクションベース用パーツも付属します。

ランナー

ランナーC1とC2はゴールドコーティング加工。

データベース

【DB】RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) [スペシャルコーティング]
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「RE/100 ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス機) 」の情報まとめです。 カタログデータ 通販リンク ギャラリー RE/100 1/100 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機)がゴールドメッキ加工・メ

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました