HG

レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG ガンダムルブリス

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HGガンダムルブリス」のガンプラ素組みレビューです。 造形が凹凸だらけで情報量・立体感ともにあり、胸部のインモールド成形パーツや接着面に色分け印刷がされている付属シール、可動域の広さや装備のギミックな...
ガンプラ再販情報

【ガンプラ再販】HGCE マイティーストライクフリーダムガンダムが追加再販決定!(2024年6月)

2024年4月22日:追加再販が決定! 「HGCE 1/144 マイティーストライクフリーダムガンダム」の6月サプライズ追加再販が決定です! 2024年5月25日(土)に新発売、2024年7月に再販が決まっていた「HGCE 1/144 マイ...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG デスティニーガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HG デスティニーガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 何かと可動域や色分けで妥協せざるを得ないことが多いHG SEEDキットですが、「HG デスティニーガンダム」はそれらがかなり改善...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG インフィニットジャスティスガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HG インフィニットジャスティスガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 成形色での色分けでは足りない部分が多く、劇中でダイナミックな動きをするインフィニットジャスティスのキットとしては可...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG ミーティアユニット+フリーダムガンダム

『機動戦士ガンダムSEED』より、「HG ミーティアユニット+フリーダムガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 箱のサイズはPG並みですが、ひとつひとつのパーツが大きくさくさくと組めてしまい、意外ととっつきやすいキットです。 その反面、成...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG フリーダムガンダム

『機動戦士ガンダムSEED』より、「HGフリーダムガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 HG SEEDとしての通し番号は07で、SEEDのHGとしても古い部類のキットということもあり、色分けは成形色でだいぶ足りておらず塗装が前提となって...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG ガイアガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HGガイアガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 すらっと細身ながらも威圧感のあるガイアガンダムが、1/144スケールのHGで十分に再現されています。 可動域の狭さや色分け不足は古めのS...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG セイバーガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HGセイバーガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 色分けはシール補填や塗装が必要な部分が多く、可動域もそれほど広くはないという弱点を持ちつつも、一撃離脱戦法を得意とするセイバーガンダム...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG オオワシアカツキガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HGオオワシアカツキガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 アカツキ本体は「HG シラヌイアカツキガンダム」と同じものですが、主な違いとしてはバックパックが大気圏内仕様の"オオワシ"であ...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG シラヌイアカツキガンダム

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HGシラヌイアカツキガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 装甲のほとんどがゴールドメッキ仕様になっており、素組みだけでも強烈な存在感を放ちます。 色分け不足(特にシールド)や可動域の狭...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG ストライクルージュ+I.W.S.P.

『機動戦士ガンダムSEED MSV』より、「HGストライクルージュ+I.W.S.P.」のガンプラ素組みレビューです。 古めのHGということもあり、色分け不足、可動域狭い、合わせ目が目立つといった、塗装や加工が前提のキットとなります。 とはい...
レビュー

【ガンプラ素組みレビュー】HG ラゴゥ(リマスター版)

『機動戦士ガンダムSEED』より、「HGラゴゥ(リマスター版)」のガンプラ素組みレビューです。 多少の色補填は必要ですが全体としてクオリティが高く、合わせ目はHG SEEDシリーズとしては目立ちにくいほうとなっています。 ポージングの際に2...
スポンサーリンク