【ガンプラ素組みレビュー】MGSD ガンダムバルバトス

ASW-G-08 GUNDAM BARBATOS

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、「MGSD ガンダムバルバトス」のガンプラ素組みレビューです。

MGSD第2弾のガンダムバルバトス、こちらも第一弾の「MGSD フリーダムガンダム」と同様クオリティが非常に高く、むしろ可動域、ギミック、内部フレーム再現などがしっかりとレベルアップしているといってもいいでしょう。

説明書の手順を無視すればガンダムフレームのみで組み上げることが可能で、デフォルメサイズながら設定にも忠実です。

さらには、バルバトスに特徴的な肩・胸・ひざのマークがリフレクションカットで、きらびやかに成形色で再現されているのもポイントが高いです。

【ガンプラ素組みレビュー】 MGSD フリーダムガンダム
ZGMF-X 10A FREEDOM GUNDAM 『機動戦士ガンダムSEED』より、「MGSD フリーダムガンダム」のガンプラ素組みレビューです。 SDスケールの小柄なシルエットながら、内部フレームの上に細かく色分けされた成形色パーツを取

フロント

三等身ながらこのリアルさとスタイリッシュさです。

装甲から垣間見える内部フレームの緻密な再現や、1/144スケールのHGでもなしえなかった成形色での色再現度の高さが素晴らしいです。

サイド

パーツ分けが細かく、付属マーキングシールを使用しなくてもこの情報量の多さに圧倒されます。

リア

パーツ分けが細かい恩恵か、目立った合わせ目は発生しません。

内部フレーム

中級者以上向けですが、説明書手順を無視して組み上げると、内部フレームのみでガンダムフレームそのものを楽しむことができます。

ディティール

アクション

メイスを両手持ちでポージング。

両手に対応する接続軸があるので、しっかりと安定して固定できます。


300mm滑空砲を展開してアクションベース5でディスプレイ。


太刀はハンドパーツとの接続軸が一方向にしかなく、左手に持たせる場合は逆手になります。


可動域がとにかく広く、ひざ立ちも様になります。

比較

「HG ガンダムバルバトス」(右画像)と並べて比較しました。

MGSDの色分けの優秀さが際立ちます。

【ガンプラ素組みレビュー】 HG ガンダムバルバトス
ASW-G-08 GUNDAM BARBATOS 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、「HGガンダムバルバトス」のガンプラ素組みレビューです。 バルバトスの第1形態と第4形態をパーツ差し替えで手軽に両方楽しめるお得なキットとなって

その他付属品等

付属マーキングシールを使用することで、鉄華団のエンブレムのほか細部の情報量をさらに増すことが可能です。

ランナー

ランナーA,B,C1,C2,D1,D2は「MGSD ガンダムフレーム1」表記。

データベース

【DB】MGSD ガンダムバルバトス
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、「MGSDガンダムバルバトス」の情報まとめです。 カタログデータ 通販リンク ギャラリー SDガンダムの躯体にMGの技術を集約した新次元のSDハイエンドブランド「MGSD」より、ガンダム・バルバ

コメントをどうぞ!

  1. 匿名 より:

    詳細なレビューありがとうございます
    つくりたくなります、早くつくらねば…w

    MGだけどSDなので細部が細かい割にパーツ数がおさえめ(たぶん)なのは利点ですね

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます!
      つくって後悔はまずない傑作なのでぜひぜひ!
      最新型のMGほどパーツ数はないですが、昔のMGレベルくらいはあるかもしれませんね(でも組みやすく進化しているのでその分楽です)

タイトルとURLをコピーしました